読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

転んでもただでは。

うつ病さんのブログです。闘病生活や、これまでの病気の経過、これからの展望などを綴ります。

うつ病さんのイラストブログです。

うつ病の「無理のない範囲」って?

つぶやき 思うこと

f:id:meisougirl:20170315231115p:plain

昨日は、遅くまで外出していたためか、帰りの電車で頭痛が酷かった。うつ病になってから、ずいぶん体力が落ちたように思う。1日外に出ていただけで頭痛にさいなまれるなんて、社会復帰への道は遠いのかなぁ。

でも、外出先ではたくさんの人と交流できて刺激になったし、ブログを続けていることを評価してくれる人もいて、自信にもつながった。これからも、無理のない範囲で行動していきたい。

 

鬱になった当初は、全く動けなかった私だが、最近は、少し動ける日もぽつぽつ出てきた。そんな日はつい調子に乗ってがんばりすぎてしまうきらいがある。「ちょっとしんどいかも」と思えるときも、約束をキャンセルするのに罪悪感を覚えてしまい、気力を振り絞って出掛けることもある。

それでも、動いたら動いただけ、「できた」という達成感にもつながるので、できるだけ活動していきたいと思う。これまで、やったことに後悔したことはほとんどなかった。

ただ、翌日、疲れて起きられなくて、自分を責めてしまうことはある。(昼過ぎまで寝てしまった今日のように。)

 

うつ病は、「無理のない範囲」の見極めが難しい病気だと思うけれど、心の声を聞いてみるのが一番なのだろう。やれるかも、と思えたことはたいていやれる。強い不安を感じることは控えるようにする。無理して予定を入れてしまうと、キャンセルせざるをえなくなったとき、挫折感を味わう羽目になるから。

もっとも、うつ病では自分の心の声が聞こえづらくなる。ぼんやりとした不安を覚えるとき、それがどれくらいの大きさなのかわからない。ハードルの大きさが見極められない。少しずつ、調整しながら、試しながら、自分のキャパシティを知り、広げていく努力をしていくのがいいのかな。

 

私の心を表すかのような、もやもやした文章になってしまった。

書きながら、以前読んだ本のフレーズを思い出す。「迷ったら、より積極的な方を」。

そうだね、「迷う」余地があるのなら、きっとやれるんだろう。よちよち歩きでも、ときに少しつまづいても、迷ったら、行動してみよう。

 ↓ポチッとお願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村